子供部屋のおもちゃを減らして、物を大事にする気持ちを育む。

子供部屋の断捨離を決行しました。使っていないおもちゃ類は全てゴミ箱へ。わかりやすい収納にして片付けやすいお部屋へ。かなりスッキリしました。

本当に使う物だけ手元に残す。おもちゃは多ければ多いほど子供部屋が荒れる。片付かない。とにかく掃除が大変。

スポンサーリンク

厳選されたおもちゃだけを残すことを意識すると、子供たちは自然とおもちゃを大事にする。

おもちゃを厳選して、おもちゃの数を減らすと片付ける物も減って自然と片付けが簡単に。シンプルな片づけだと子供も嫌がらない。おもちゃはラベルを作る事で、子供たちが片付けをしやすい環境を作りました。

IMG_5042[1]

ラベルは家にあった物で。パソコンで写真を編集して、厚紙クリアホルダーを使用して簡単に出来ました。

収納方法を参考にした本はこちらです。子供が過ごしやすい環境作りをしている姿に共感できました。

amazon3 おかたづけ育、はじめました。~OURHOME 子どもと一緒にたのしく~

楽天2 おかたづけ育、はじめました。 OURHOME 子どもと一緒にたのしく/Emi

下着や肌着をしまってあるタンスにもラベル。ここは英語にして、英語を読む事に興味を持たせる工夫。ちょっとした事ですが、英語環境作りも手を抜きません笑。

IMG_5046[1]

キレイなお部屋で過ごすのは気持ちいいという感覚を身に付けさせてあげるのも、親の大事な仕事だと思っています。散らかった部屋よりも、キレイなお部屋で過ごせた方が集中力も全然違います。

子供を英語好きにするシンプルな暮らしをこれからも続けていきます。

ではでは。

スポンサーリンク