小さな子供をやる気にさせる英語育児とは?実践して良い事・ダメな事

m010024

小さな子供をやる気にさせる。それは比較的簡単かもしれませんが、そのやる気を持続させるのはなかなか難しいですよね。

大人が英語を学習するときは、「資格を取るため」「仕事のため」などはっきりとした目的を持てますが、子供は小さければ小さいほどそういう目標を立てるのはなかなか難しい。では、どうしたら良いのでしょうか?

どうしたら子供が英語を好きになるか?

子供にとって、「つまらない物」を続けさせるのは酷な事。子供をやる気にさせる一番の動機は「楽しいこと」ですよね。

子供に好きな物を考えて、英語を導入していく事がかなり効果的です。

好きになってくれそうな英語DVDを探す。英語の絵本を探す。英語のCDを探す。『英語の歌&アクティビティ集』 を使用して、親子で英語を楽しむのも良いかもしれません。

小さな子供ほど、親が喜ぶ顔を見ると嬉しいもの。おうちの人がたっぷりと褒めて、英語が楽しいと思わせる事。英語を学習してくれて嬉しいと親の素直な気持ちを伝えること。「英語って楽しい!」をたっぷりと感じさせてあげることが大事です。

子供に英語を好きになって欲しいなら、これはしないで!親として心がけたいこと

英語学習を始めると、親はどうしても目に見える結果をすぐに求めたくなるもの。

  • 「おぼえた英語を言いなさい!」
  • 「アルファベット文字を書きなさい!」
  • 先回りして、英語を1つずつ日本語で説明してあげる

それは全て避けた方が良いです。子供が英語をやる気を失うダメなパターンです。

じゃあどうすればいいのか?

親は、子供が好きそうな物を導入し、徹底的に褒める事を心がければ十分です。少しでも出来るようになったら褒める。子供が英語を好きになる事を目標に、頑張ってみてください。