英語育児しても日本語を大事にしたい!子供を本好きにする工夫とは?

子供にもっと英語の絵本を読んでほしいと思って、スタートした洋書読書日記「リーディングログ」。

子供も夢中に!洋書本の読書記録 "Reading Log"で、英語が好きになる環境づくり
小学校に入学して、なんだか英語に接する時間がぐーんっと減ってしまった長女。このままでは英語育児挫折しちゃうかも・・・と不安になりました。 ...

英語も大事だけど、もっと大切だと思うのはやはり日本語。日本語の本もたっぷりと読み聞かせしてあげたいです。

読書することが推奨されている

絵本を子供が小さいうちから読んであげる。読み聞かせを聞くだけ・本を読むだけじゃ引き出せない事を導いてくれる読書日記。

子供の健康診断へ行くたびに、「絵本をたっぷり読んであげてくださいね」と必ずと言って良いほど言葉をかけられますよね。

最近は本当に小さいうちからの読み聞かせが推奨されています。小学校でも児童に読書記録を作らせて、本を読む事をすすめる学校が多いです。

毎日の育児・仕事に追われる中、絵本を読む事はなかなか難しい人も多いはず。

子供が楽しんで取り組める読書日記がある

私が始めることにしたのは、こんな事が楽しめる読書日記。

  • 子供の成長に合わせ、適切な本が選べる。
  • 本を読み終えたら、表紙シールが貼れる楽しみ。
  • 子供から感想を引き出す対話法を紹介。
  • 一言感想だから、簡単で飽きない。
  • 100冊目標で、本を読む習慣が身につく。

親子で楽しめる読書ツールとして評価が高く、もっと本が読みたくなる工夫がいっぱい。シリーズ20万部突破のロングセラーの「親子で書こう!100さつ読書日記―フィンランド・メソッドで本がすきになる」という本です。

読書日記3

2読書日記

子供に読み聞かせをして終わりじゃなくて、読んだ絵本について感想を聞き出せる。

おとなしくて静かな次女は何をする時でもついつい後回しになる事が多いので、一緒に始めてみようと思います。

「英語をやりすぎて日本語がおかしくなちゃった!」「もっと小さい時に日本語の本を読み聞かせしてあげたかった」と後悔はしたくありません。今を楽しんでいかないともったいないですよね。

国語力がしっかりと身についていないと、将来英語力が伸びにくいなんて言われています。将来子供が困らないように、今のうちから本を読む習慣をつけておきたいです。