英語育児の挫折危機?小学校入学後の子供の変化に注意する必要がある

今年4月に小学校に入学した長女。我が家にとっては初めての小学生。

「小学校入学後はなかなか英語育児に時間が取れなくて、それまで軌道にのってたはずの英語育児が徐々に衰退していく。」

そんな現象が多いというのは聞いたことがありました。英語育児の「1年生の壁」、「低学年の壁」として知られています。

あまり気にしないようにしていましたが、最近少しずつ長女にもその危機が迫っているような感じがします。

小学校入学後の様子

長女を見ていて思う事。小学校に入学してから、確かに英語のインプット量はかなり減ったなという印象です。

とにかく時間に余裕がない感じ。友達と遊ぶ時間も増えて、宿題もやらなければいけない。あっという間に時間は過ぎていき、夕飯を食べたらもう就寝時間。

毎日の英語アニメDVD視聴は欠かしませんが(こんなDVDを見ています)、洋書絵本の読み聞かせ量が圧倒的に減りました。

子供には英語を学ぶ以上に友達とたっぷり楽しく遊んで欲しい。学校の宿題や準備など、学校の事を優先してほしい。

英語以上に学ぶことが周りに溢れている。わかっています。

でもなんだか英語離れ・洋書絵本離れが進んでしまうのは、正直寂しい。

もともとバイリンガルにするつもりはなく、子供が楽しく好きなように英語に触れて伸ばす方針で英語育児をしているので、あまり気にする必要もないのかもしれませんが・・・

せっかく始めた英語育児。英語に触れたいと子供が思うような機会を増やして、英語育児に挫折しないような対策を考えていこうと思います。

その後、小学3年生になった長女の様子

小学校入学前に比べて、英語に割ける時間はそれほど確保できていません。ただ、英語が好きでしょうがないらしくて、NHKのラジオ基礎英語を受講し始めました。

登校前の時間帯に取り組んでいます。

自宅で英語学習!小学3年生からNHKラジオ基礎英語を始めて良かった事
今年の4月からスタートさせたNHKラジオ基礎英語1。私はあまり英語学習にお金をかけたくないけど、小学3年生の長女は英語が大好き。「英...

子供たち3人とも、相変わらず英語アニメや動画を楽しんで視聴してくれます。毎日ではありませんが、洋書絵本の読み聞かせも子供たちからのリクエストがあればしています。

英語を身近に感じながら、すくすくと育っています。