お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話に、子供が英語を嫌がるようになった時の対策が紹介されていました

おうち英語をしている中で聞きたくない言葉のベスト3に入る言葉、それは「英語嫌いなんだよね、もうイヤ!」

それを言われたら、絶対にへこみます。うちはまだ言われたことありませんが、子供が思春期を迎えるにつれて、そういう言葉はそのうち出てくるかもしれないと覚悟しておく必要はありそうです。

英語を楽しんでいたはずなのに、英語が嫌いになってしまう。親は少なからずショックですよね。そんな時の対処法を考えてみましょう。

子供が英語を嫌がるのには何か理由があります

子供は理由なく英語を嫌がる事はほとんどありません。何かしら理由があるはずです。
子供の言い分を聞いてあげましょう。

こんな事を言うのではないでしょうか?

  • 英語が分からないからいや
  • 英語をやるよりお友達と遊びたい
  • 今は英語をする気分じゃない
  • 取り組んでる教材がつまらない

子供はわりと正直に理由を教えてくれるはずです。

ここで注意したいのは、その理由を聞いて怒らない事。
「誰のためにやってると思うの?あなたのためでしょ!」などと叱りつけてしまうのは逆効果です。
「そうか。そうだったんだね。」ととりあえず共感してあげましょう。

でも、ここですぐに英語育児を諦めてはいけません。

どうすればまた英語を楽しんでくれるようになる?

子供が教えてくれた言い分を、少し解決してあげるだけで英語をまた楽しんでくれるようになります。

英語育児がなんかパッとしないなと感じた時のうちの対応策は、
子供が興味を持ちそうな英語絵本や教材を親がこっそり購入してみる事。そして、子供が注目しそうな場所に何気なく置いておく。

「なにこれ~?」と子供が注目した時に「なんでもないよ」と隠してみたり、「ちょっとだけだよ」ともったいぶってみたら子供の食いつきが良かったです。

そして、自然と英語育児が生き生きとしていきました。

「お金・学歴・海外経験 3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話」でお馴染のタエさんもこの手法を使っていたようで、かなり効果的だったと紹介されていました。

IMG_4601[1]

IMG_4602[1]

とにかく子供が英語を嫌がるときは無理やりやらせたり、押し付けるのは逆効果なので、どうしたら子供が興味を示してくれるのか・英語を好きになってくれるのかよく考えてみる事をオススメします。

それでもダメだったら、英語がなくても人生歩んでいける!また英語に振り向いてくれる事を願いながら、期間を置いて観察してみると良いかもしれませんよ。