DWE教材活用術!英語ワークのアクティビティブックをコピーで節約

ステッブバイステップに取り組む際に必要になるアクティビティブック。うちはディズニー英語システム(DWE)を中古で使用中です。子供3人がそれぞれ取り組む度に新しいアクティビティブックを買い足してたら家計が大変!

そのため、うちはアクティビティブックに直接書き込むことはせず、コピーした物を使用する事にしています。

最近は中古だとステップバイステップで必要になる教材全て含んだ状態でセット売りするのが主流のようですね。ステップバイステップDVD、BOOK、宝箱、アクティビティボックス、メインプログラムCDなどが含まれるのは助かりますね。いちいち揃えるのも大変なので。

ちなみにアクティビティボックスの中にアクティビティブックが入っています。

5円コピー機を使えばお得に学習できる

アクティビティブックを開いた状態でコピーする場合、最適なのがB4サイズ。家庭に置いてあるプリンターでプリントアウトする事も考えたのですが、サイズが合わず断念しました。

コンビニのコピー機でも1枚10円ほどでB4サイズはコピー出来ます。もっと節約したい人におすすめしたいのが5円コピー機!ダイソーで5円コピー機を取り扱ってる店舗があるんです。

モノクロコピー1枚5円、カラーコピー1枚30円。ただしA3サイズはモノクロ10円、カラー60円。

どこの店舗に置いてあるのかはダイソー公式ホームページ内のこちらから確認できます。

領収証を出す事も可能です。今回次女(7歳)と長男(5歳)用にアクティビティブック1を2部コピーしました。かかった費用は210円。1部だったら105円で作成出来た計算ですね。

オークションサイトでアクティビティブック4冊が1890円で落札されているのを見つけました。アクティビティブックは直接書き込まずにコピーをしながら何度も使う事が節約につながりそうです。

コピーしたアクティビティブックの綴じ方

1部あたり21枚コピーしたアクティビティブック1です。

念のため枚数を数えてみましたが、バッチリでした。

表紙も作ろうかなと一瞬思ったのですが、あんまり形にこだわらない子供たちなので結局作らず。表紙は真っ白な状態です。

全て半分に折ってまとめました。

まとめた物が分厚すぎてホッチキスでとめる事が出来なかったので、穴あけパンチを使用する事にしました。

穴をあけて、家にあった適当な紐でまとめました。ピンクなので長男からダメ出しされるかなと思ったのですが、特にありませんでした。「紐の色など関係ないから早くアクティビティブックに取り組ませてくれ!」という感じでした。

取り組みの中でコピーでは使えないページもあるようですが、それはほんの一部。気にしません。そういう時は原本のページでうっすらと記入して楽しめば済んでしまう事です。

2部完成しました。次女はまだステップバイステップに取り組んでいないのですが、本人がやる気になった時用に準備しておきました。

早速、長男はアクティビティブックに取り組んでいました

登園する前にステップバイステップに取り組んでいる長男。さっそくコピーしたアクティビティブックに取り組んでいましたよ。この調子でアクティビティブック2へと進んでほしいと思います。

中古DWEで満足!自宅でステップバイステップに子供と取り組んで英語学習
中古で購入したディズニー英語システム教材のステップバイステップに子供と取り組み始めました。5歳の長男です。登園する前の20分程度の時間に取り...