ディズニー英語システムDWE中古教材を使用中に感じたデメリットとは?

中古で購入したDWE教材ステップバイステップを使用して英語学習しています。今朝取り組んだのはDisney’s World of English Step by Step 1 Lesson3のStep5,6です。

実は今日はなんだかDWEを中古購入するデメリットを感じてしまう日でした。

長男(5歳)が登園する前の20分ほどを利用しながら、ゆったりと取り組んでいます。今朝も自分から「今日はステップバイステップに取り組む日だ!」と言って、宝箱やアクティビティボックス、ブックをはりきって準備してくれましたよ。

だんだん本人の中でも習慣になっているようです。

中古教材を購入して感じたデメリットとは?

こちらはStep6のRight Light Checkをしてる時の写真です。質問が表す絵がどちらなのかをミッキーペンを使って子供が判断しまう。

正解の絵の黒い四角にミッキーライトペンをタッチすると、「シャララーン」と単純な音が流れる仕組みになっています。

最初は順調に取り組んでいたのですが、最後で問題発生。

正解の方の黒四角にミッキーペンでタッチしても、全然反応しなかったんです。正確にいうと、黒四角の中心部は反応しない。端っこだと反応する事がたまにある。

「えっ、間違ってるの?」と子供は一瞬戸惑っていました。

私のディズニー英語システムのBookはかなり古いタイプ。絵はブラシ版ではありません。中古で購入しました。読む分には全然問題ありませんが、細かな所では劣化が進んでいるんだなと感じました。

こういう時、正規購入だと交換制度を使って新しい物にしてもらえるんですよね?

中古購入だとそういうわけにはいきません。中古購入で満足しているので、こういう事はただ「仕方がない」と思うようにしています。

子供には「間違ってないよ、あってるよ」と教えてあげて本日の取り組みは終了しました。

【中古DWE】中古ディズニー英語システム教材って実際どうなの?使ってみて良かったこと、悪かったこと。
おうち英語始めようと思い立って、使用し始めた中古のディズニー英語システム。スタートから数年経過しました。 正直、最初は中古に対して抵抗...