多読用にRichard Scarry’s The Worst Helper Ever!子供の英語学習に楽しいストーリー内容

子供の英語学習・多読用に洋書を買い足しました。今回購入したのは3冊。そのうち2冊はRichard Scarryの本です。

Little Witch’s Big Nightについてはこちらの記事でご紹介しています。

ハロウィンの英語絵本読み聞かせ用!Little Witch's Big Night (Step into Reading)を購入
 10月に盛り上がるイベントと言えばハロウィン!変装してハロウィンパーティーなど楽しそうですよね。うちでは開催する予定は全くありませんが、ハ...

Richard Scarry作の本の魅力は?

Richard Scarryの本は、とにかくほんわかしたストーリーが多く絵が素敵。優しい色彩のイラストが隅々にまで溢れています。子供以上に、私が夢中になってたりします。だって可愛いんですもの!

ユーモラスな内容の本が多く、大人も一緒に子供と楽しめるストーリーが多いのが特徴です。

Richard Scarry’s The Worst Helper Ever!

ストーリー内容

毎日とても忙しくてお手伝いさんを探していたファーマーピッグ。そこで、チャーリーキャットにお手伝いをお願いすることにしたのですがトラブル続き。ますます忙しくなってしまうファーマーピッグ。チャーリーキャットが次は何をやらかすのか、ちょっとワクワクしてしまう内容です。

英語学習のポイント

Step into Reading STEP2という事で、単純な単語・短い文章・簡単なストーリーの内容になっています。Richard Scarry’s The Worst Helper Ever!も繰り返される文が多いので、子供にとってかなり親しみやすい本です。

1ページあたり大きなフォントの英文1~2行程度しか書かれていないので、英文を読む練習用としても役立ちそうです。

読み聞かせる場合には、ファーマーピッグが困っている様子を大げさに表現すると、子供ウケが良いですよ。”Oh, Dear”が何度も出てくるので、ぜひチャレンジしてみてください!うちの子供たちに実践してみたら、声を出して笑ってくれました。

子供に「英語って楽しい!」「英語って面白くて好き!」と思わせるためには本選びも重要になってくると思います。これからも子供たちが気に入ってくれそうな本を探して、のんびりと多読していこうと思います。