自宅で英語学習!小学3年生からNHKラジオ基礎英語を始めて良かった事

今年の4月からスタートさせたNHKラジオ基礎英語1。私はあまり英語学習にお金をかけたくないけど、小学3年生の長女は英語が大好き。「英語をもっと勉強したい」と何度もお願いされたので、いろいろと悩んだ末にNHKのラジオ英語をさせてあげることにしました。

NHKラジオ基礎英語の良さは?

ラジオ英語は昔からありますが、私は学生時代などに一度も取り組んだことがありません。なので、内容や取り組み方もイマイチよくわからない状態からのスタートで少し心配でした。

実際始めてみたら、そんな不安に思うことは全然なくて、小さい頃から英語を楽しんでいた長女がすんなりと取り組める内容でした。「子供にNHKラジオ基礎英語をやらせてあげて良かった」と思う点を3つ挙げてみました。

①安い値段で英語学習に取り掛かれる

毎月新しく発行される基礎英語のテキスト。テキストのみの購入の場合、費用はたったの486円。ラジオ放送を聞きながら学習に取り組んでいくことになりますが、その場合の欠点は決まった時間帯にラジオの前にいる必要がある事。ラジオ放送を逃してしまうと、その日の学習が残念ながら出来ません。

それでも構わないなら、月486円で英語が勉強出来ちゃうのは激安ですよね。

うちの場合は、毎日ラジオとか無理です。CD付きのテキストまたはテキスト単体+音声ダウンロードチケットのどちらかをその月の気分によって選んで購入しています。

ちなみに、CD付きテキストを購入するより、テキスト単体+音声ダウンロードチケットを買った方が少し安く済みますよ。

高額な月謝代を毎月支払うのは家計的に厳しいけど、毎月1700円程度の英語学習への出費ならなんとかやりくりできています。

②親の負担感がほとんどない

家で取り組めるので、親の送り迎えは必要なし。私がサポートしているのは、次の2点くらい。

  1. テキストをネット注文してあげる。
  2. 学習内容の音声を流してあげる。

音声さえ流してあげれば、あとはいつも放ったらかしです。3年生にもなれば、勝手に取り組んでくれます。子供に「終わったよー」と言われるまで、私はだいたい家事をしています。

③好きな時間帯に、子どもが学習に取り組める

学校から帰ってきたらすぐにラジオ基礎英語に取り組むと言っておきながら、結局急に友達が遊びにきたりして、そのままズルズル時間が取れず過ごすという事が最初の頃は多発していました。

翌月の分は、当月のテキストがすべて終わったら注文してあげる約束になっていたので、月末になると急いでたまっていた分を終わらせることも頻繁に起きてました。

最近は、それではいけないと本人も気付いたようで、放課後ではなくて朝起きたらすぐに取り組むことにしたようです。

今日も長女が寝る前に、「明日は朝5時半に起きて基礎英語に取り掛かりたいから、ママもちゃんと起きてね」とお願いされました。

もともと朝は早く起きるタイプなので、良い時間帯を選んだなと思います。今では朝にラジオ英語を終わらせ、放課後は友達と思う存分遊ぶという日々を過ごしています。

いつまで続けるかは長女次第ですが、引き続きサポートしてあげたいと思います。